人気ブログランキング |
カテゴリ:観光( 3 )
松崎名物!三八市
三八市(さんぱちいち)と読みます。
三八市は、戦前、八月市の名称で稲をかける竹(わたし)の売買を主な目的として、旧暦の8月の3と8の日(稲刈り前)に行われていました。戦後は、名称を変え松崎市として、新暦の10月の3と8のつく日に行われていましたが、3と8で表したほうが分かりやすいということで、三八市と名づけ、現在に至っているそうです。

楽しそうな市があると知り、3のつく「13日」にRinkoも三八市に行ってきました!001.gif

f0237673_10363834.jpg
駅から市の通りに行く途中、園児に出会いました。松崎の人とのふれあいが見れました。


先日の8日には、テレビの取材やFM公開ラジオもあったようで、とても賑わっていたそうです072.gif058.gif070.gif

「次は、23日の日曜日にその日限定のイベントもあるから、来てごしない~~。」
と、町の人にたくさん声をかけていただきました。
23日には、音楽ライブや、餅つき、フリーマーケット等あるそうです!024.gif
詳しくは、三八市実行委員会のホームページをご覧ください!(ブログ最後にご案内があります)

通りの両サイドにはたくさんのお店が並び、各店舗が色々な出店をしていました。少し離れたところから出張店舗での参加もありましたよ。
f0237673_1050583.jpg
tetete第1号でもご紹介した、カフェ「ピットイン湯梨浜」の店長の可世木(かせぎ)さん。
店の人気商品「もちもちロールケーキ」を販売されていました!
f0237673_1059413.jpg
これが噂の「もちもちロールケーキ」ふんわり生地でクリームたっぷり♪


お店の奥には、紙あかりの展示がありました。ほんのり優しい光に、心もまったり穏やかになりました。
f0237673_112428.jpg


同じく、旧小学校の各教室で工房をされている「さくら工芸品工房」の皆さんの作品の展示・販売がされているお店もありました。
f0237673_1781133.jpg
手づくりの紙皿には秋の味覚を置いてインテリアにもなります♪
f0237673_17101197.jpg
陳(ちん)先生による中国伝統芸術「梅花書道」掛け軸もあります。右:陳先生
f0237673_17103335.jpg
左から、「福」「石」「東」の文字です。絵のような文字ですね。


f0237673_1718173.jpg
安くて、イイ物がたくさん売っていました!
f0237673_17183948.jpg

おもちゃ屋さんの天井には、昔懐かしい、竹プロペラがデコレーション♪


「富屋製パン」さんの店先販売ではおいしいパンが売られています!人気が高い為、すぐに売り切れるのだとか・・・Rinkoが行った時には、あんぱんとクリームパンしか残っていなかった状態!
f0237673_16594728.jpg
と、その時急に雨が降り出しました!057.gif057.gif057.gif
各店舗、店先に出して販売していた物を急いでのき下に移動!
突然の雨で、傘を持っていなく雨宿りしていたRinkoに富屋製パンの店員さんが「これ、どうぞ使って下さい。」とかわいい雨傘を貸して下さいました!!
f0237673_1701699.jpg
雨が降ってきたので慌ててパンをしまう店員さん

「傘いいんですか!?」005.gifいち観光客なのに、ここまでして下さって、心うたれましたー!!!058.gif058.gif058.gif053.gif

良い人、良いまち、松崎です♪♪

tetete第3号には、この素敵な松崎のまちの「朝じかん」まち歩きのコーナーもありますので、さらに楽しい松崎を発見できますよ!こうご期待下さい!!

そして、三八市は、残すところあと2日のみ!!行かなきゃソンですよ!


松崎名物・三八市(さんぱちいち)
日時:10月23日(日) 8:00~15:00まで
   10月28日(金) 8:00~11:00まで
場所:JR西日本 山陰本線松崎駅より徒歩5分
主催:三八市実行委員会(鳥取県東伯郡湯梨浜町松崎421)
ホームページ:http://sanpachi.dip.jp/matsuzaki/
by tetete2010 | 2011-10-17 09:53 | 観光
彼岸花のある風景
f0237673_14122475.jpg
こんにちは!暑いのと寒いのの丁度中間のこの季節が大好きなRinkoです!
先日、秋晴れの良いお天気の中、関金に行ってきました。

秋空の下、土手に咲く彼岸花(ひがんばな)が美しく並んでいました。
彼岸花の花ことばは「情熱」「悲しい思い出」「独立」「再会」「あきらめ」。
彼岸花といえば、作家・新美南吉の童話「ごんぎつね」の中でも記述があり、印象に残っています。
f0237673_15214252.gif

「ごんぎつね」の舞台になる、愛知県半田市の矢勝川の堤防沿い約1キロには約200万本の彼岸花が咲いています。「ごんぎつね」の童話に因んで、市民らが1990年頃から球根を植え始めたそうですよ。

関金では、田んぼ道にたくさんの彼岸花が咲き、その花に囲まれるようにおじぞうさまが何体もありました。
f0237673_16162327.jpg

赤い前掛けと彼岸花がかわいいです。
おじぞうさまの前掛けは、新しいものもあり、地元の人がいつも綺麗にしているのがわかりました。


彼岸花は赤いものだけだと思っていましたが、白い花もありました!
f0237673_16222454.jpg
紅白で咲いていて、縁起が良い感じがします♪


さらに北へのぼり、大滝山不動滝(おおたきさんふどうたき)にも行ってきましたよ。
f0237673_16385336.jpg
滝に続く階段にも滝から溢れた綺麗な水が流れていました。
f0237673_1646727.jpg
こんなに素晴らしい滝が近くにあるのを知らなかったです。


山道沿いにある渓流も美しく、改めて倉吉の自然環境のよさを感じました。
昔から受け継つがれてきた自然を、次世代の子供たちにも残したいですね。
f0237673_1715158.jpg
f0237673_17155043.jpg

f0237673_17414163.jpg
「ぎゃらりぃ和」のスタッフさんと一緒に昼食をとりました。おいしい手作りのポトフでした。
by tetete2010 | 2011-10-03 12:01 | 観光
“おやき”って知ってますか?
編集部デザイン担当のがちゃです。

みなさん“おやき”って知ってますか?
ご当地によって作り方も味もさまざま003.gif

とっとりにもそんな“ご当地おやき”があります。
そしてその“ご当地おやき”のお店がOPEN072.gif
f0237673_18203170.jpg


店名は「おやきやおやき」
お店の場所はとっとり中部地区にある倉吉市。
風情ある古い町並みで有名な「白壁土蔵群」にあることから
お店のつくりもレトロで良い雰囲気です。

オープンな店内からもこんなレトロな景色が005.gif
f0237673_1822816.jpg



さっそく中に入ると店内には七輪!!
おやきが焼かれた香ばしいかおりが食欲をさそいます。
f0237673_18222421.jpg

焼きたて最高003.gif003.gif003.gif


本日の一番人気は“くらよし”
f0237673_18253110.jpg


“くらよし”は味で言うなら“プレーン”
余分な味付けや具など入れない「元祖くらよしおやき」です。
その他にも“あんころ”“しらかべ”があります。

サイドメニューも充実058.gif
山陰名物の魚のすり身を揚げた「コロッケ天」があります。

ハート型のハートコロッケ天は
味でも目でも楽しめる旅の思い出の味です。
f0237673_18574713.jpg


おススメドリンクメニューは、
この辺りでよく飲まれる「はま茶」を
大山の牧場でとれた牛乳で オ・レ した
「はま茶オレ」
f0237673_18231793.jpg

左側が「はま茶オレ」060.gif
ミルクの自然の甘さと三温糖のやさしい甘さが
はま茶にとても合います060.gif

山陰旅をするときには
片手に“おやき”もう片手には“はま茶オレ”で
レトロな町並みを散策してみてください。
by tetete2010 | 2010-04-28 17:24 | 観光



情報誌"tetete”創刊号2010年10月31日発行
by tetete2010
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30